google-site-verification: googleb51795f677e03880.html

日本女性 肌

日本女性は肌がきれいな人が非常に多いと言われます。なぜそのように言われているのか、その理由を把握しておくことで、これからのスキンケアに対するヒントが発見できるかもしれません。このページで日本女性の肌について一緒にチェックしていきましょう。
MENU

日本女性の肌はキレイ?

japaneasewoman1

日本女性の肌って本当にきれいですね」

自意識が高くてあまり他人をほめることのないフランス人の女性が、日本女性についてこのように語ってくれたことがあります。実際、美容関係の仕事で世界中を渡り歩いている女性の方も「やはり日本女性の肌は美しい」と評しています。

例えばフランス女性を例に挙げると、向こうの気候は乾燥ているため肌がカサカサになっている方がとても多いんだそうです。

また喫煙率が高いということや、発音上で口をすぼめる機会が多いことなどが影響しているのか、口周りに縦ジワが目立つ方も多いです。

にもかかわらず日焼けすることが大好きな女性が多いので、顔はもちろんのことデコルテから背中に至るまでシミだらけという方も結構いらっしゃいます。

それでも、堂々とした立ち居振る舞いから美しく見える女性はとても多いのですが、やはり30代後半にもなってくると肌の衰えというのはどうしても目立ってきて、一気に老け込んで見える方も多いです。

日本女性はそれに比べてアラフォー世代であっても肌がふっくらとみずみずしい人が多い印象です。同年代の日本とフランスの女性を比較すると一目瞭然ということが多いのですが、これは最近のコスメの品質が進化したということももちろんあるかとは思いますが、やはり丁寧なスキンケアを実践している日本女性が増えてきたということが大きいかと思います。

japaneasewoman2

日本女性の肌というのは、もともと欧米人に比べて水分がたっぷり含まれていてみずみずしい肌であるといわれています。実際に、日本とフランスやロシアの女性の肌の水分量を調べてみた結果、日本女性の肌はフランス人の約2倍の水分量だったという調査結果もあるようです。

この理由としては日本女性のUVケアへの意識の高さに加え、島国ならではの湿潤な気候と軟水であること、入浴の習慣や国内が温泉に恵まれていること、ヘルシーな和食文化、顔に凹凸が少ないためシワがもともとできにくいなどなど、数えきれないほどの好条件が日本女性には備わっているということがあげられます。

もともとこのような土壌に育つ日本女性ですから、過剰なスキンケアをしていくよりも、日本女性のみに許される「本当に基礎的な肌のお手入れ」だけで、本来持つ美肌をキープしていくのが望ましいといえるのではないでしょうか。


日本女性の肌の特徴について

japaneasewoman3

日本女性はツルツルしてみずみずしい肌の方が多いのですが、その美肌の秘密は「キメの細かさ」というところにあります。

肌をよーく見てみると網目模様のような細い線がたくさん見えてくると思いますが、この細い線が「皮溝」、この皮溝に囲まれた部分が「皮丘」、これに「毛穴」がプラスされた3つの要素がキメを形作っています。

皮溝がくっきりとしていて細く、表面に凹凸の少ない肌がキメの細かい肌ということになるのですが、皮丘に弾力があって盛り上がっている状態なので、毛穴もあまり目立たない状態となります。

日本女性はもともとキメの細かい肌の持ち主であることに加え、凹凸がないぶん光をしっかりと反射してくれるので、一層ツヤのある肌に見えることが多いです。とはいえ、この日本女性の肌の特徴であるキメの細かさというのは、体調や環境の変化によって影響を受けやすいという面があるのです。

欧米人は肌の平均保水量がもともと低く、多くの方が「カサつき」を感じているにもかかわらず、これを肌の悩みとして意識している人はあまりいないそうです。つまり、いつもカサついた肌であることが当たり前になっているので、これが普通の状態であるということのようです。

これに比べて日本女性の場合は、体調や環境の変化によるコンディションの揺らぎに敏感です。

キメが細かくて美しい肌の持ち主である日本女性だからこそ、繊細で揺らぎやすい肌であるということが特徴だといえるでしょう。

日本女性の肌の角質層は薄い

角質層の画像

肌内部の水分蒸発を抑えたり、異物の侵入を防いだりと、、肌のバリア機能としての役割を果たしている「角質層」。この角質層が薄いというのも日本女性の肌の特徴です。

欧米人はもともとこの角質層が厚いため、ケミカルピーリングが有効であるケースも多いのですが、日本女性の場合はピーリングによって肌のバリア機能が奪われて化粧水がしみてしまうということもあります。日本女性のスキンケアとしては、この薄い角質層をいかに守っていくのかがポイントとなってきます。

日本女性の肌はシワが少ない

日本女性はもともとの骨格や真皮層の厚さから、加齢によるシワが圧倒的に少ないというのも特徴です。

欧米人に比べて感情表現も控えめですし、そもそものDNAの違いや気候、食生活の違いもあるので、くっきり大きく深いシワができにくいのです。

また紫外線ケアに対する意識の違いもシワの少なさに影響しています。

例えばフランス人女性の90%が、日焼けすることが「好き」もしくは「どちらかといえば好き」と回答しているのに対し、日本女性の場合は90%以上が「嫌い」または「どちらかといえば嫌い」と回答しているそうです。

紫外線は肌にハリを与えるコラーゲン線維にダメージを及ぼしてしまい、それが肌の弾力に悪影響となりシワができやすくなってしまうのです。

角質層と紫外線の影響に関する画像


日本女性の肌に関するコラム

スキンケア商品の選び方について

このページの先頭へ